<   2005年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

タクシーでぼられたときの対応2

昨日の続き。

私としては損をした金額20元はもはやどうでもいい。なぜ北京でこれほど運転手がだますのか理由を考えた。それは、
1)問題がちゃんと都度管理局に報告されていないから
2)だました運転手は示談で解決してしまい、運転手は大して被害を受けないから

だと考えた。だから同じことを何度もするのである。

つまり、私で被害を止めないとまた被害者が出るのである。

あと、もうひとつ個人的な話なのだが、私は方向感覚が非常に悪くて、自分が今どこにいるのかよく分からない状態になることが多い。

タクシーとしてそういう人間をだますというのは、力の弱い老人から強盗するようなもので、どうにも許しがたい。

そこで再度運転手から電話があったとき、センターに正式にクレームしますのでもう電話するな、と伝えた。

それからがすごかった。

あせった運転手から20回ぐらい電話が来た(とらなかった)。

それから運転手の友達が電話をかけてきて、

「彼はもう首になった。あなたが訴えるとさらに1万元の罰金を払わなくてはならない」と言ってきた。

そして、更に驚くことに、示談で済ませるなら1000元払う、とまで言い出した。

他のタクシーに聞くと、メーターを改造するお金も1000元近くかかるらしい。なんだか人をだますのも一苦労だ。しかし、出来心ではない、ということははっきりしている。

とにかく、何があろうと、明日、センターへFAXをおこなう。
[PR]
by dubian2.4 | 2005-09-26 00:27 | 上海生活や仕事

タクシーでぼられたときの対応1

仕事で北京に来た。

空港から、事務所までタクシーに乗ったのだが、ぼられた。

運転手がメーターを見せていなかったのと、空港のタクシー管理人が乗客にくれるクレーム用タグ(車のナンバー入り)を回収しようとしたこと、打ち出されるレシートの車番号が見えないようになっていること、などから、確実にぼらられたと確信した。

その場で、「高いですよ」と注意して、そのあと「今この問題を解決しないと、あとでクレームの電話かけますけど問題ないですね」と明言しておいた。

すると運転手は「絶対問題ない」と自信をみせたので、ホテル到着後すぐにクレームの電話をした。

クレームセンターはFAXで伝票を送るか、もしくは直接タクシー会社に連絡してクレームしてくれ、と言ったため、直接タクシー会社に連絡した。

タクシー会社に連絡すると、社長が出てきて、「すぐに調査する」と約束してくれた。

すると、3時間後ぐらいに電話がかかってきた。それはお詫びの電話であった。

「運転手が個人的にメーターを改造していることが分かった。申し訳ない。差額をすぐに返しに行かせる」

とのこと。

そして運転手自信も電話してきて、謝りたおしてきた。

これに関して、こちらとして、差額を返してもらって問題を解決するか、センターに再度連絡して法で裁くか、判断をした。

明日へ続く。
[PR]
by dubian2.4 | 2005-09-25 03:23 | 上海生活や仕事

最近読んだ3冊

*最近読んだ本は、更新をいったん中止します。
アフィリエイトするとブログ管理者から怒られるからです。アフィリエイトがないなら別にかく動機もないわけで・・・。最低年100冊のペースははとりあえずキープします。


1.経営者速習ノート

ー>成功者の話が簡潔に収められていて面白い。

2.13階段

ー>よく調べて書いたミステリ。一日で読み終わった。面白い

3.The Present

ー>Today is a gift, that's why we call it The Present!
[PR]
by dubian2.4 | 2005-09-24 01:35 | 最近読んだ本

すごいひと

そのすごい人は、バーで我々と踊っていたのだが、かなり酔っていてほとんど酔拳の動きをしていた。杭州旅行の仲間の一人であったのだが、まさに「変なひと」と呼ぶにふさわしい。

で、結局酔拳で自爆した。転んで頭から流血する惨事である。

変わった人だなあ、と思っていたが、実は大学を1年で卒業し、その後MITで大学院を行い、普通の人が大学生を終わらせる前にすでに院も卒業していたという天才である。

紙一重、という話がよく言われるが、本当に納得してしまった。
[PR]
by dubian2.4 | 2005-09-24 01:27 | 上海生活や仕事

杭州

今度は、中秋の名月を見ようということで、週末に妻とその仲間たちと杭州に行った。

名月ははっきり言ってどうでもよくて、妻の仲間たち(オーストラリアの方とシンガポールの方と上海の方)との話がかなり面白くて、また、最近日本人とばかり付き合っていたので久しぶりに多国籍な集まりでかなりリラックスできて楽しかった。

しかし、私があまりにもハッスルして妻をほったらかしで、電車の中でも妻の仲間たちと中国語や英語で話をしまくっていたために、話についていけなくなった妻が不機嫌になり、帰宅後かなり文句を言われた。

うーむ、失敗だ。もう少し妻にも話を振るべきだったと思う。この教訓は次回に生かそう。

あと、すごい人にも会った。明日へ続く。
[PR]
by dubian2.4 | 2005-09-22 03:19 | 上海生活や仕事

思いつめて

先週、思いつめて、会社で休みを取りマレーシアへ行った(飛行機のチケットが超安かった)。

クワラルンプールまでのチケットを買い、そこからは飛行機のチケットや宿は現地調達するという計画である。

結局レダン島という島に渡り、浜辺のコテージでのんびりとした時間をすごした。妻ともよくおしゃべりできたと思う。

将来についてもゆっくり考えることができ、非常に有意義であった。

考えて動く。これが常にできなくてはならない。と感じだ。
[PR]
by dubian2.4 | 2005-09-21 02:04 | 上海生活や仕事

色の数

アメリカから来た友人が去った。怒涛の一月であった。

彼のおおかげで立ち上げも何とか色々と安定してきた気がする。

さて、一息置いたが今日からまたブログの再開だ。

今、巷で薄型テレビが価格競争になっている。機能も結構上がっていて、色の数が80億色とか90億色とか出せると宣伝文句でうたっている。

色の数を宣伝しているのをみると「はて?」と思うのだ。

もともと、色の数と言うのは数字ではかれるものではない。例えば同じ青の絵の具でも、白い紙にさっと線を引けば、その一本の線で濃いのから薄いのまで無限に色の数があるわけだ。本来色と色の間に境目というのは存在しないのだ。

もっと言うと、本来色と言うのは光の当たり方で変わるので、同じ色でもそれを見る角度によってもちろん変わってくる。

だから、音や味の数が計れないのと同じように、色の数というのは計れないはずなのだ。

それがデジタルになると、色と色の間にきっちりと境目が出来て数が明確になるのである。

色というのは本来無限にあるわけだから、80億色とか宣伝される、とかえって限界を露呈しているように感じるのである。各社色の数を競っているけれども、宣伝文句としてはあまりよくないなあ、と思うのだ。

80億って本当はそんなに多くないですよ、無限に比べたら。
[PR]
by dubian2.4 | 2005-09-10 02:34 | 上海生活や仕事

一周年

上海に来て一周年だが、同時に結婚して一周年でもある。

なんと一年というのは長いのだろう。本当にいろいろなことがおきた。

しかし、本当の変化はこれからだ。そして、私とかかわってくれた皆様一年間ありがとうございます、今後とも宜しくお願いいたします。

妻に感謝、みんなに感謝。コチラに来てから、本当に感謝のない日はない。
[PR]
by dubian2.4 | 2005-09-03 19:40 | 上海生活や仕事