<   2005年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

順番

例えば、「早く、綺麗な文字を書けるようになりたい」といったような願望がある場合、まず、早く書く練習ではなくて、綺麗に書く練習をして、それができるようになってからスピードを上げる練習をするべきである。

この理屈は分かるのだが、なぜ、逆の順番だと(つまり早く書く練習をしてから、上手に書く練習をする)あまりうまくいきそうにないのか、論理的に説明しにくい。なんでだろう。

仕事の中でもこういう順番を決めなくてはいけない側面で、なぜその順番になるのかうまく説明できないのだけれども、感覚的に順番を決める場合がある。

はっきり理由が説明できなくて、大丈夫なのだろうか、とたまに心配になる。
[PR]
by dubian2.4 | 2005-10-29 02:08 | 上海生活や仕事

自己分析

何かに対して専門的な知識や技術を持っていると、他人に雇ってもらう際に非常に有利に働く、と思う。

誰かに雇ってもらわないにしても、働く、仕事をするという意味では、自分で自分を雇うということも含めて自己の専門分野を明確に確立させることは非常に重要だ。

すでに確立されている場合でも、書面でどのように表現するべきなのか、時間を見つけて明確にしておいたほうがよい。

仕事をする上でそろそろ、何でも屋だと力が分散して、将来的に大きな成果が望めないからだ。

そういうわけで、現在自己分析を行っている。

あいまいな感覚を書面にして考える。
結構こういうことって大事だと思う。
[PR]
by dubian2.4 | 2005-10-23 16:44 | 上海生活や仕事

プラン

妻と相談して、今年中にオーストラリアの永住権を申請することにした。

この国は、自国で資源その他を全てまかなえる世界でも稀な国なので、例えば戦争で各国から貿易を閉ざされたとしても国民は十分に食べていけることになる。

永住権をとっても必ずオーストラリアに住まなくてはならない、ということはないので引き続きビジネスは進めるが、早いうちに申請すると、永住権獲得の可能性も高いので先にしておく運びとなった。

申請してから結果が出るまで1年ぐらいかかるので、こういうことは早く始めるのがよい。何事にも時間がかかるということだ。
[PR]
by dubian2.4 | 2005-10-17 02:38 | 上海生活や仕事

犬が死亡した。

一年に数回しか日本へ帰れない私だが、ちゃんと私の日本への帰りを待って、更に上海に帰る一日前まで付き合ってくれて、亡くなった。

忠犬とはまさしくこのことだと思う。
[PR]
by dubian2.4 | 2005-10-08 15:15 | 上海生活や仕事

犬が危篤

日本に一時帰国しているが、犬が危篤状態だ。

私が帰ってくる前日までは食事もとり、散歩にも行っていたようだ。

私が帰国した当日に、私と一緒に最後の食事を取り、最後の散歩をし、それから寝たきりになってしまった。

床ずれがおきないように、定期的に犬の位置をずらしてやり、糞尿を寝たままするので体を拭いていた。

すでに15年も飼っているから、寝たきり状態であるのは老衰であると思い込んでいたのだが、犬が本日夜に吐血をおこなった。

こうなると、ただの老衰ではなく何か病気だったということになる。

これに気がつかなかったのは、まったくもって不覚の極まりであるとしか言いようがない。

小さいときから一緒にすごし、中学生で北京で一人暮らしだったときも犬と一緒のベッドで寝起きしていた。本当に長い歴史である。

亡くなるのはかまわないが、どうか最後の一瞬までできるだけ苦しまないようにしてほしい。

無力な私は祈ることしかできない。
[PR]
by dubian2.4 | 2005-10-06 23:32 | 上海生活や仕事