<   2005年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

51%を取られるということ

私が会社を開くとして、51%の株式を他社またはエンジェルに持っていかれるとなると、例えば役員を送り込まれたり、かなり自分の自由が利かなくなる。

自由が利かなくなるというのに、一方で、例えば自分が49%持っていても、リスクそのものは51%もっちる人とそれほど変わらない。

どうも、不都合だなあ、と考えてしまう。株の持分というのは、非常に悩むところだ。
[PR]
by dubian2.4 | 2005-11-23 02:19 | 上海生活や仕事

資本家

事業を始めるにあたって、資本家からある程度お金を出してもらえるということは、下記の2点で意義があると思う。

1)資本金が豊富になる
2)ビジネスモデルに対して第三者の確認と後押しがある

特に2)に関しては結構重要で、資本家の出資を仰ぐとなると、資料ひとつにしても生半可なものは作れない。知らない人に金を出すわけだから、出資者のほうもかなり慎重になる。

自分に対するけん制機能として、新しく会社を作るとしたら、外部の資本は絶対に必要になるだろう。

ただし、問題は外部の出資者にどこまで資本金を握られるか、ということになる。以下続く
[PR]
by dubian2.4 | 2005-11-22 01:52 | 上海生活や仕事

杭州

北京ー>済南ー>上海ー>杭州と来た。明日は成都へ向かう。

作成試料が多く、現在格闘中。
[PR]
by dubian2.4 | 2005-11-17 23:18 | 上海生活や仕事

北京と済南

またもやすごいスケジュールで昨晩北京へ来てしまった。

そして今晩は済南に着いた。

飛行機は、今回は考え事の時間に用いた。

明日は、いったん上海に戻り、それから成都へ向かう・・。
[PR]
by dubian2.4 | 2005-11-15 01:07 | 上海生活や仕事

気が付いた

大事なことに気が付いたので、ここに記しておく。

忍耐するということは、実は結構楽なのだ。

忍耐することより、その状況を打破しようとしてアクションをかけるほうがよっぽど労力がいるし、疲れる。

ただし、状況を打破しなければ、いつまでも忍耐しなくてはならない。

惰性で忍耐するということは絶対に避けなくてはならない。選択していくことが大切なのだ。
[PR]
by dubian2.4 | 2005-11-13 12:39 | 上海生活や仕事

学生のころやっていた株を再開した。

忙しいのに、更に自分に追い討ちをかける結果になっている。

ただ、今のような上がり局面のときは、一応少しでも株に投資しておいたほうが、お徳であることは確かだ。

このような時期は現金で持っているよりも株にしておいたほうが大分よい。

下がっているときでも、株は儲かる。ある方向に価格が進んでいるということが大切なのだ。

株をあまりしない人には分かりにくいかもしれないが、株は買うだけではなく、売りから入ることもできる。

簡単に言うと、他人から株を借りて市場で売り飛ばして、価格が下がったところで買い戻して、借りた株を返すのだ。そうすれば差額が儲かる。結構難しいうえにリスクも無限大なので、素人はやめたほうがよい。

いずれにせよ、適当に儲かったら売り飛ばして、少しでも家計に貢献できればと思う。
[PR]
by dubian2.4 | 2005-11-11 01:03 | 上海生活や仕事

カステラを作る

普段の忙しさを尻目に、せっかく土曜日だということで妻とカステラを作った。

カステラは好きだ。大好きだ。

蜂蜜を入れて、砂糖を入れて、焼いたのだが、ある失敗を犯した。


それは、容器一杯にカステラの生地を入れすぎて、焼いている最中にカステラが容器からあふれ出したのだ。

その結果、容器の中のカステラとは別に、副産物として、うんこのようなカステラもできた。容器からあふれ出したカステラが焼けたのだ。

以下は、その写真。



b0019208_2235561.jpg




カステラ自体はカナリ美味であった。

b0019208_2253464.jpg

[PR]
by dubian2.4 | 2005-11-07 02:26 | 上海生活や仕事

10月は、やばかった

10月は、なんだか忙しすぎてやばかった。

眠くなりすぎると、何もやる気が起こらないのと同じで、どうにも忙しすぎて、ヘロヘロという状態であった。

しかし、何事にも根気である。ここで負けてはいけない。

私はやることがまだまだ大量にあるのだ!

やるしかない。
[PR]
by dubian2.4 | 2005-11-04 00:57 | 上海生活や仕事