<   2006年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

週末

週末ということで、午前中は一応集中して勉強して、お昼から妻とアフタヌーンティーに出かけた。マリオットホテルだが、ケーキやスコーンの味は非常に良かった。

横ではアメリカ系白人を思われる人が最近買ったヨットの自慢話をカタログとともにしていた。

その前では、中国系の男4人ぐらい(みんな太っていた)がチャートを見ながら頭を悩ませていた。

その後ろでは、褐色系の人と中国人がなにやら難解な図形を描いていた。

そういう雰囲気の中朝飯の代わりというか、ブランチの代わりとして、妻とケーキや饅頭をむしゃむしゃとひたすら食べまくった。

そこに突然やってくるウエディングドレスの女。なにやら結婚記念用の撮影らしく、強引にも弾けもしないハープをポロロンと鳴らす。

そんな空間であった。
[PR]
by dubian2.4 | 2006-05-22 01:55 | 上海生活や仕事

餃子

本日妻と近所の餃子館にいった。

ローカルの小さなお店だ。

気になった3つのことがある。妻は気が付いていなかったと思う。

1)店に入るといきなり店員がハナクソをほじくっていた

2)頼んでいる餃子を待っている最中に、店の中をこぶし二つ分ぐらいのでかいねずみが疾走していた

3)餃子のたれ(黒酢)から虫が二匹出てきた


2)のねずみは、かなりびびったので、妻に「みた?」と言ったが、妻は見ていなかったので、話を濁しておいた。

味はまあよかったが、その後妻が腹が気持ち悪いと言い出して今に至る(復活したみたい)。
[PR]
by dubian2.4 | 2006-05-14 23:46 | 上海生活や仕事

時計を買った

ちょっとマニアックな話だが、とうとう買ってしまった。

ゼニスのクロノマスターT。

伝説のムーブメント、エルプリ搭載のモデルである。

エルプリメロといえばその昔ロレックスのデイトナにも搭載されたムーブメントで、その特徴はやはり一秒間に10回秒針を打つスピードだろう。8回しか打たない量産型のETA7750とはわけが違う、レベルが違う。

デイトナだって、エルプリを改造してしまったから、ビートが遅くなっている。ただし、ビートが遅いと壊れにくいというよさはあるが・・・。

ゼニスはムーブメントから部品まで自社で一貫生産しているブランドで、紆余曲折があったが、歴史も長い。

今回のこの時計、ムーンフェイスとトリプルカレンダも付いており、クロノグラフも付いて、クロノメーター試験をパスしているモデルだ。

値段は少し張るが、転売する際に、必ず購買価格より高い値段で転売します、と妻に説明して簡単にOKもらった(むかしヨットマスターでちゃんと高い値段で転売できた)。

5月末に日本に2日だけ用事があるので、取りに行こうと思いう。

超楽しみだ。
[PR]
by dubian2.4 | 2006-05-14 14:15 | 上海生活や仕事

benefit

昨日は、上海デビューしたおっさんらについて書いた。

私の好きな言葉に、

Benefit from what you spit at.

という言葉がある。

spit at というのはつばを吐きつけるという意味で、what you spit at というのは、「あなたがつばを吐きつけたくなるほど嫌悪する対象」ということになる。

だから上記を日本語にすると、「あなたが嫌悪を抱いている対象から、しっかり利益を得ときなさいよ」という意味になる。

嫌なやつらだ、だめな世の中だ、というのはまあ簡単なのだが、やはり言うだけではつまらないから、そこから何か利益を得よう、というわけだ。

利益と行ってもお金とは限らない。きっとじっくり考えたら、そこからいろいろなものを得ることはできるだろう。

物事から目を背けないというのは、そういうことなんだと思う。
[PR]
by dubian2.4 | 2006-05-07 00:51 | 上海生活や仕事

薄汚いオッサン達

このGWは仕事の関係で、遠出もできないのでせめて上海の中で贅沢をしようということで、妻とすしを食いに行った。

そのすし屋は2つのカラオケ屋が巣くっているビルの一階にあり、そのお店にたどり着くまで、2組のカラオケへ同伴出勤するおっさんらを見かけた。

今日も妻と食事をしていたら、オッサンが若い中国人の女の子と食事をしていた(水商売系かは不明)。

しかし、上海デビューというか、日本では禿げでデブでうだつの上がらないおっさん達だが、上海に来ると所得の差から一気に見分不相応の金持ちになり(現地人と比べて)、カラオケに走り、GWの休みも特にやることが無いので水商売のお姉さん達とデートして金貢いで、はたから見るとただの成金の田舎者である。

社内でも、一部のおじ様たちと食事に行くと、始終カラオケの武勇談ばかりで疲れるし、全然面白くない。

「日本でもキャバクラ行ってたんですか」

と聞くと、まったくそんな遊びはしていないという。じゃあ上海でもするなよ。

私がデブで禿げた薄汚いおっさんなら、水商売のお姉さんに申し訳なくて、とてもカラオケなど行けない。本当はこんなおっさんの相手したくないんだろうなあ・・・と思ってしまうからだ。

ああいうおっさんにはなりたくない、と心から思う。あと、できればそういう人たちは私の前に姿を現してほしくないと思う。
[PR]
by dubian2.4 | 2006-05-06 02:25 | 上海生活や仕事

体を作る

夏が来るということで、体を作る。

写真が現在の状況である。

一月後に、どのような変化があるか、再度そのときの写真を掲載したい。

ちなみに、数値目標は、1分で腕立て100回である。

はたして達成は可能か・・・。

b0019208_2122487.gif

[PR]
by dubian2.4 | 2006-05-05 02:12 | 上海生活や仕事

手間のかかる仕事

会社の業務改革をしていると、様々な問題にぶつかるわけだがその中でも最も厄
介な問題は、「現状を維持したい」という勢力である。

その勢力の考え方は、「基本的には現在は大きな問題は無いので、わざわざ苦労
してまで新しい仕組みを入れる必要は無い」というところだと思う。

風邪も引いていないのに、高いお金を払って栄養剤を買う必要は無いだろう、と
いうところだ。

以前読んだ養老孟子の本で、「医者は病気を治している人のほうが感謝されるし
有名になるが、実際は病気を予防している人のほうが人々の役にたっている」と
いうことが書いてあった。なるほどと思った。予防は変化としての効果が見えに
くいから、その重要さが認知されにくいのだ。

経営者、というよりも、課長レベルのかたがたは、現在問題がないということは、
未来においても問題が無いということを約束していない、ということを十分理解
しないといけないと思う。そして、未来に起こるべき問題に対する予防を十分に
行わなくてはならない。

どんなに健康な人間でも息を20分も止めてしまえば死んでしまう。水分をを2
週間摂取しなくては死んでしまうだろう。状況の変化というのは劇的にやってく
るものなのだ。

むしろ本当は問題の無い時期こそ会社の体力があるので、新しい仕組みをどんど
ん入れていかないといけないと私は考えている。問題にぶつかってから対策を講
じていたのでは、体力が足りないし、時間も足りない。

本当にこの辺を理解してもらうのは大変手間のかかる仕事である。
[PR]
by dubian2.4 | 2006-05-02 16:47 | 上海生活や仕事