<   2006年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

素養

仕事をする上で、特に中国で仕事をする上では素養というものが日本以上に問われる、ということが最近よく分かってきた。

いくら仕事が出来ても、上司として私生活等で安心できない人間は海外に出すことは難しい。

私の知り合いで、私とは仕事のジャンルが違う方なのだが、常に海外駐在希望(中国の)を出している人がいる。しかし、どうしても上司が首を縦に振らない。彼は商社なので、駐在を強く希望すれば上司だって出してくれるだろう。その人は仕事はよく出来てモチベーションも高いのだが、中国に出張に来るたびに過激な遊び方をして、周囲ををハラハラさせるらしい。これが原因でなかなか駐在に出られないのではないかと私は思っていたので、この間会ったときにそう話しておいた。

海外に人を出すというのは上司にとっては非常に大きな権限委譲である。大きな決裁権も与えられるだろうし、人事権も与えられる。大きな力を持つ人は、それを慎重に使いこなせなくてはならない。

例えば、例が悪いかもしれないが、簡単に人を殺せる銃を、射撃がうまいからといって子供に渡せるだろうか。その子供が、銃を使うための十分な素養が無いと、大きな事故につながるかもしれないので絶対にその銃は渡せない。

仕事そのものの能力は、仕事をする上で必要な、ほんの一部の能力なのだ。
[PR]
by dubian2.4 | 2006-06-12 09:42 | 上海生活や仕事

関係というもの

人と人の関係というのは、情で結ばれてい場合は、比較的「結ぶ理由」があいまいなため、どんなときでも、ある程度結束が固いのではないかと思う。

一方で、お金や何かの条件で結ばれている場合は、「結ぶ理由」が明確だから、それがなくなったときは、結束が一気に崩壊する。

簡単に言うと、お金でつながっている仲というのは、お金がなくなるともろいわけで、逆に友情などで結ばれている仲というのは、その仲が物に影響される度合いが少ないということだ。

で、中国に住んでいると、「中国が嫌い」という日本人に結構出くわす。

その理由は、町が汚いとか、人が不親切・攻撃的であるとか、仕事がしんどいとか、反日感情に疲れるとか、まあ色々だが、そういう人たちは、なぜそれでも中国にいるかというとそれはただひとつ、

お金が稼げるから

である。

もちろんそれで問題ないとは思うのだが、結局お金でつながっている、というだけになってしまうと、その関係も希薄で、何かをきっかけにすぐに崩壊するんじゃないかと心配になる。

一方で、日系企業で働いている中国人で、本当は日本のことが嫌いだが(歴史問題があるので)、お金もらえるから仕方が無い、ということで働いている人にも私は社内で結構出会っている。

経済的な交流が増えるのいいのだが、文化的な交流が少ないと、その関係は結構浅いもので終わりそうだ。
[PR]
by dubian2.4 | 2006-06-06 17:17 | 上海生活や仕事

結果発表

一月前はこんな体でした。

b0019208_1593473.gif



夏が来るということで、特訓開始。

そして、本日、目標である一分間に腕立て伏せ100回ができるようになった(58秒ちょい)。


体つきも変わった。


b0019208_214055.jpg



やはり、勉強と体つくりというのは同時にしなくてはならない。
[PR]
by dubian2.4 | 2006-06-05 02:03 | 上海生活や仕事