<   2006年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ハロウィンですか

10月も末になりますと、西洋では死者が現世に戻るということで

ハロウィンというお祭りがあるのだけれども

日本でも最近は若者がハロウィンパレードなどと称して

仮装をしてこの時期都会の町を大勢で徘徊したりする。

西洋の場合は子供がお菓子を求めて近所をうろついたりするのだけれども

日本の場合それはあまり見かけない。

西洋のお祭りは高級だと信じて疑わない若者たちは

私たちには盆踊りという伝統があるにもかかわらず

仮装行列をつくりTVに映される。

物事の理を考える修正がないから、

洋風なのが高級。カタカナなのがかっこいい。

ハロウィンやるのもいいけれど、盆踊りもやろうぜ。

法律でハロウィンパーティに参加したものは、盆踊りにも参加するよう義務付けるべきだ。

または、西洋で盆踊りを日本のハロウィンの勢力程度になるまで育てるべく特派員を派遣するべきだろう。

HEY HAPPY BON!! MEN!!

とか西洋人が話し始めたら、日本でまた盆がブームになりそう。

はー。どうにかしないと、この国民性。 戦後から変わらん気がするなあ。
[PR]
by dubian2.4 | 2006-10-30 15:44 | MBA準備

学んだこと

先日、人生の大先輩とお食事をしたのだが、非常に勉強になることをおっしゃっていたのでここに記す。

私の人生もギャンブル的要素が多いのだが、勝つか負けるか、のような結果が極端な出来事が多すぎると人間は均衡を失って思考能力ややる気が低下するらしい。

確かに、いろいろなことにチャレンジするのはいいのだけれども、いつも0か1か、という生活をしているととても疲れてしまう。たまには平らな道を歩きましょう、ということだ。


私も、チャレンジは大事だけれども、平らな道を歩くこともまた大切、ということを心に留めて活動をしてゆきたい。
[PR]
by dubian2.4 | 2006-10-25 23:21 | MBA準備

正しさの使い方

狂気というものがどういうものかと考えると、

自分が正しいと信じて疑わない人たちというものがまず思い浮かぶ。

これによって迫害が起きて、民族浄化が起きてしまう。これらは政治的利権が絡んだ宗教によって引き起こされることが多くて、私のイメージではその中でも特にキリスト教は歴史的に殺戮と破壊を世界規模で行っている。

十字軍、魔女狩りから始まって今日のイスラエルでの戦いまで、世界規模で略奪、破壊、殺戮を行っているものはキリスト教の名の下の場合が多い印象が否めない。

しかしながら、イスラム教が危険な宗教であるというイメージが持たれやすいのは、やはり最近のテロのせいだろうと思う。

いずれにせよ、一神教の場合は他の神が存在するという思想に対する許容は少なく、許容力のなさから排他的にならざるを得ない。

この許容力のなさが争いの根源であると指摘する人は多い。私としては、キリスト教徒などが一神教として自分たちの神が唯一「正」であると認識することはかまわないのだけれども、あるものが絶対正しいと考えるときのリスクというものを同時に理解できる理性が宗教家には必要だと思う。

あるものを絶対正しいと信じようと受け入れたとき、その正しさの使い方というのも学ばなくてはならない。
[PR]
by dubian2.4 | 2006-10-23 00:09 | MBA準備

家族いると

うーむ。MBAに関してはHP見たら何も変わっていない・・。

最近家で作業することが多い。

妻は、学校に出ているので、食事掃除洗濯をすることになる。けっこうやることはある。

昨日は、夜会合があって出かけたのだが、妻のためにカレー作っておいた。

しかしなんと妻は、鍵を忘れて、家に入れず約4時間私の帰りを待つことに。。。。。超かわいそう。そういうわけでカレーは今日に持ち越された。

家族いると、マジになる。

何もかもマジになる。

妻のことはもちろん、社会のこと、未来のこと、過去のこと、国際政治、自分の両親兄弟について真剣に考えるようになる。

家族というのは、二人だけでも立派な小さな社会だ。

だから、今まで点でしか存在しなかったさまざまな社会的な出来事=政治や経済などの社会状況などが線になって自分のところにモロにつながってくる。

そう考えると、最近浮気してた民主党の政治家(名前忘れた)とかは、まずいと思う。

家族裏切って社会裏切らないはずがない。家族よりも自分の私欲を優先する人に社会が治められるわけがない、と思うのですが。

まつりごとって、家族単位でも大事にしないといけない。
[PR]
by dubian2.4 | 2006-10-21 12:24 | MBA準備

いじめで自殺 その他

わからん。

いじめで自殺の問題なのですが。

確かにいじめというのは、学校で行われるから学校の不注意や隠蔽体制に問題がある。これは間違いない。学校はどんなに謝罪しても謝罪しきれないと思う。

ただ、両親はどうなのだろう。子供の自殺に対して、学校ばかり批難しているのだが、親として子供のケアに落ち度はなかったのだろうか。

家族は最後の砦なので、まことに言いにくいのだが両親にも学校同様かそれ以上の責任があると思う。


あと、ここ二日風邪で死んでいて、何もする気分にならないので本を読みつくしてしまった。新たに仕入れにいかなくてはならない。予想以上に早く読み終わって今手元に読むものがない。。。。。

あと、MBAから連絡が来て、「あなたの入学審査状況を更新したのでHP見てくれ」といわれたもののHPそのものがダウンしている。 ・・・・・わけわからん。
[PR]
by dubian2.4 | 2006-10-20 11:07 | MBA準備

なんか、ボーとしてしまった一日

風邪を引いた。

かなりひどい。動物園の動物の怨念か。エキノコックスをうつされたのかも。

今日は、サトイモのから揚げ肉みそ仕立てとオニオンスープにした。

完成品は下記のとおり。

本ではきれいに写っているのだが、私が作ると見た目が悪い。
b0019208_23444132.jpg


オニオンスープも見た目悪いなあ。
b0019208_23445389.jpg


しかし、味はよかった。

妻が帰ってくる前に作れたし、喜んでくれた。

しかし頭がボーっとする。せきもひどい。
[PR]
by dubian2.4 | 2006-10-19 23:46 | MBA準備

東京に行ってくる

MBAの面接があるということで東京まで行ってきた。

MBAの場合、面接は学校の指定する卒業生と行う場合がある。

面接はスムーズに行われ、非常に穏やかなものであった。

面接官は役員クラスの方で、緊張はしたものの、面接官も緊張をほぐそうとお茶を勧めたり、いろいろしてくださっていいたいことは言えたと思う。

あと、やはり面接官の人間的な魅力が、質問をする様子からなどもにじみ出ていた。

ああ、受かりたい。受かることよりも、勉強を始めることのほうが大切なのだ。早く勉強を始めたい。
[PR]
by dubian2.4 | 2006-10-18 22:58 | MBA準備

動物園に行ってきた

私は動物が好きだ。

でも、動物園は大嫌いだ。だから、大人になってから行ったことがない。

私は動物園が嫌いだと妻によく言ってた。子供が生まれて動物園に行きたいなら、私は行かないので二人で行ってらっさいとも。

今回、実にひさしぶりに動物園に行ってきた。北海道の旭川動物園だ。

相変わらず動物園というのはひどいものだった。まず、動物がひどい。

ホッキョクグマはよだれを垂れ流し、同じところをうろうろしている。人間でもいらいらしたり、精神的に追い詰められたりしたら同じところをうろうろ歩くが、この熊たちは精神的におかしくなっている。簡単に言うと発狂している。

オラウータンは、祖国のほうを見つめながら、いつまでもいつまでも自由になれる日を待っている。飼い殺しになることに気がついているのかどうかは不明だが、彼らが生きて檻から出ることはもうないだろう。

サルたちは、私の部屋よりも小さな面積の折で所狭しと動いている。なかには寒そうにしているのもいる。

トラは、ホッキョクグマ同様発狂している。同じところを永遠にうろうろしている。

そして、人間もひどい。

動物が嫌がるから、フラッシュをたくなといっているのに、たきまくる。

そして、自然の状態ではライオンなどと対峙したら腰を抜かして動けなくなるくせに、ライオンが檻の中にいることで、態度がでかくなり「こっち向けー」とか「ガオー!」とかライオンに対して挑発する。あほばっかりだ。大人がやっているんだから、もうどうしょうもない。

本当に動物園に来るとやりきれない。

ここに来ると確認できることは、人間と動物の共存というのは不可能だということだ。みんな自分勝手だし、こんな死にかけの動物どもを見て、楽しいなどといっている人間たちが、動物と共存できるわけがない。

動物園ももう少し来園者に自然との共存について考えさせるような内容の物を作ってくれ。

そういうわけで、動物園というのは、死を待つ動物たちの飼い殺し施設にしか見えない。何も楽しくない。ちなみに下記は「ぼろぼろなダチョウ」より。


何が面白くて駝鳥を飼ふのだ。
動物園の四坪半のぬかるみの中では、
足が大股過ぎるぢゃないか。
頚があんまり長過ぎるぢゃないか。
雪の降る国にこれでは羽がぼろぼろ過ぎるぢゃないか。
腹がへるから堅パンも食ふだらうが、
駝鳥の眼は遠くばかりを見てゐるぢゃないか。
身も世もないように燃えてゐるぢゃないか。
瑠璃色の風が今にも吹いてくるのを待ちかまへてゐるぢゃないか。
あの小さな素朴な顔が無辺大の夢で逆まいてゐるぢゃないか。
これはもう駝鳥ぢゃないぢゃないか。
人間よ、
もう止せ、こんな事は。
[PR]
by dubian2.4 | 2006-10-16 20:10 | MBA準備

MMさん

MMさん、個人的な話で申し訳ないのですが、今日インタビューの練習をオンラインでしていたら、MMさんの話題が出てきました。なんという狭い世界でしょう!フロリダを経由して、MMさんの話題が出てくるとは!また、近況教えてくださいね。
[PR]
by dubian2.4 | 2006-10-13 02:16 | MBA準備

今日も料理をしてみた

今、明日が締め切りのスクールに、エッセイをアップロード中である。ぜんぜんアップロードできない。混んでいるのか、困ったものだ。

今日は本当は晩飯を作らないで実家に逃げようと思っていた(いろいろ用事があるのです)のだが、どうしてもエッセイが終わらず、家に残ることになった。
しかしエッセイはめんどくさい。早く学校決めてしまいたい。


妻に電話して、飯がないからどこか食いに行こうかと話そうと思っていたのだが、100円ショップで買うものに悩んでいるそうで、なんだか手間がかかるから外食という発想に反省してしまった。お金は節約しないと、今は働いていない代わりに給料少ないから。


そういうわけで妻が帰宅するまでの30分クッキングであった。


家の残り物を使わなくてはということで、まずは野菜をかき集める。食いかけの飯もあったので、チャーハンにすることにした。

b0019208_2281745.jpg


まず野菜を切り刻む。フードプロセッサは本当にすごい。全部入れてボタンを押すだけだから、楽なことこの上ない。エリンギだけは自分で裂いた。

b0019208_2283582.jpg


あっという間に刻めた。

b0019208_2291617.jpg


そして飯とともにいためまくる。野菜が多すぎて、水っぽくなり、結果的にリゾットのようになった。

b0019208_229172.jpg


きれいに皿に盛ってできあがり!皿に盛るときは、一回茶碗にいれて形を整えるというこりよう。

b0019208_231877.jpg


妻はうまいうまいと全部食べてくれました。つくりがいがあるというものだ。

そして、チャーハンができると同時に台所もきれいになった。これがなかなか難しいが、今日はクリア。

b0019208_232569.jpg

[PR]
by dubian2.4 | 2006-10-10 02:32 | MBA準備