<   2009年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

あと一週間

あと一週間でプロジェクトも終了。

いろいろと考えさせられることも多かった。

プロジェクトの後は、一週間の夏休みをとり、嫁と子供と遊ぶと同時に、いくつかたまっている本を読みたい。

そして今回の仕事の仕方のどこが悪かったのか、なぜ最後のほうで状況が好転できたのか(といってもほんの少しだけ良くなったのみ)、その辺を分解して考えてみたいと思っている・・・・。
[PR]
by dubian2.4 | 2009-08-30 20:58 | 日本

光明

今日初めて、まともに仕事が出来た感じがした。

いろいろと課題は多いが、もしかしたら、少しずつでも前に進んでいたのかもしれない。。。。
[PR]
by dubian2.4 | 2009-08-28 01:20 | 日本

高く広く

先のブログで、もうだめ、みたいなことを書いたのだが、嫁もいて子供もいて、実家には私を育ててくれた家族がいて、友人もいて、仕事もあってお金ももらえているのだから、こんな状況で だめかも なんて言ったら、本当にばちが当たってしまう。

先週は一週間の睡眠時間が合計で6時間ぐらいだったと思う。時間をいくら投入しても、仕事はまともな結果が出せず、結構厳しかった。いまだにそのことを考えるとお腹が痛い。

悩んでいるとき、壁にぶち当たっているとき、というのは本当に嫌な気持ちで毎日を過ごすことになるのだが、あえて超ポジティブに捕らえると、悩んでいるときこそ、自分の中で色々なことが伸びる時期なんだと思う。はっきり言って、悩んでいる現在、そんなこと思っている余裕はあまりないのだが、後日になって「死ぬほど悩んだあの時期に、私の成長が加速していたんだなあ」と思える日が来る(はず)。

そもそも、超えられない試練なんて、そう簡単に自分に降ってくるわけがない。そんな仕事は、他のもっと優秀な人にアロケートされるに決まっている。例えば、だれも私に北朝鮮との外交問題を解決してくれとは言わない。誰も私にその問題を解決してくれと期待していない。今の自分にできるわけないことは、誰にも期待されないから、はじめから試練として降りてこない。

私には、私ならもしかしたら解決できるかも、と思っている方々から、小さな試練を投げられているにすぎない。解決できれば、もう少し難しい試練がくるかもしれないし、解決できなければもう少し簡単な試練がくるわけで、そういう調整なのかで私にかかわる人が少しでも幸せになっていく、ついでに私も成長してゆく、というのが今の状況なんじゃないだろうか。

そして本当に忘れかけていたこと、それは、自分が何をしたいのか、何になりたいのか、という「夢」である。
「夢」とか「目標」とか、なんとなく歯の浮くような言葉に聞こえてしまうかもしれないが、これを忘れると、今なんのためにしんどい思いをしているのか、分からなくなってきて苦しくなる。夢とか目標は、ノートに書いて毎朝復唱するようにしよう。


あの丘を登りきると、君が住んでいたあの町の姿を、また違った形で見ることが出来ますよ。
あの山を登ると、あなたが登っていたあの丘が、そんなに高くなかったということがきっと分かりますよ。

ということなんだろう。

あせるな、くさるな (略して アセクサ という)。

明日から仕事。もう少しでプロジェクトも終わり。

夢を掲げて、どこまでも行きましょう。だめそうになったら、回り道しましょう。
[PR]
by dubian2.4 | 2009-08-24 00:50 | 日本

今の状態

今の状態は苦しい。

毎日一度は、「もう無理、もうダメかも」と思う。

「隕石が落ちてきて、私ごと木っ端微塵にしてくれたら楽なのに(家族のためには巨額の生命保険に入っているという前提で)」とか思う。

仕事ってなんだろう。

情熱ってなんでしょう。

そんなことを考えながら、生きながらえている感じ。

これは乗り越えるべきハードルなのか。

答えはあるのか。

ああつらい。

今は、こんな毎日でございます。
[PR]
by dubian2.4 | 2009-08-20 21:09 | 日本

限界よりちょっとだけがんばる

先週は東京で働くことも出来て、妻と子供と一緒に過ごすことが出来た。

これぞ人生。すばらしい。子供かわいい。

妻自慢になるが、本当に子供の面倒を良く見てくれていて、自分自身のことも忘れない。夫のことも忘れない
。めちゃ忙しいのに、私のようにウジウジとテンションが下がったりすることもなく安定している。神々しい。


最近色々な本を読んでいると、

「限界よりちょっとだけがんばる」

というようなメッセージが書いてあることが多い(たまたまそういうメッセージに目がいくだけなのかもしれないが)

「もうだめかも」って思うところで、「ほんの少し」だけがんばると、そうしなかった場合に比べて自分の成長がだいぶ違うということなのだろう。

そのほんの少しの努力が、大きな成果を生むという意味で、限界に達しているときのほうが頑張りという投資に対する成長というリターンの割合が高いのですな。

ただ、無理しすぎて伸びきったゴムのようになる恐れもあるから、その辺のバランスを見極めてやってきましょい。
[PR]
by dubian2.4 | 2009-08-17 12:52 | 日本

人見知り

今、クライアントが東京ではないので一週間に一度しか家に帰れないのだが、今回張り切って帰ってくると赤ちゃんである息子が大泣き。

なんど近づいても大泣き。

妻も、もう今日は赤ちゃんと目をあわさないように、と言う始末

もういや。。。。
[PR]
by dubian2.4 | 2009-08-07 20:16 | 日本

仕事ってなんだろう

仕事ってなんだろう

今更こんなことを考える自分もどうかと思うのだが、最近自分の中でこれがテーマになっている。

社会にインパクトを与えたいとか、お金を稼ぎたい、自分をもっと高めたい、などなど、仕事をする理由は人によって色々あると思う。

今までの自分を振り返ると、仕事ってどうしても時間の切り売りの域を超えていない気がする。
それが証拠に、休みになるとうれしいし、疲れてくると次の休みのことを考えて自分を励ます。

一方で、休みになると今後自分が何を目指すべきなのかを考えて悶々としている。
楽しいことは楽しいのだが、心からバケーションを楽しめない。

「仕事ってなんだろう」と真剣に考え始めたってことは、そういうことを真剣に考える時期が来たということだ。

今越えなきゃいけない壁にぶち当たっているということだろう。転職したいとか、そういうことじゃないですよ、念のため。

この年になって、人生を逆残して考える時期が来たのだと思う。

ここで自分の中で飛躍が必要なのだ。

それは割り切りか、情熱か。

残りの人生で、私は何を目指すべきなんだろう。

私の稼働時間も、無限にあるわけじゃない。

あしたのジョーじゃないけれども、真っ白な灰になるまで燃え尽きるきっかけを早くつかまなくてはならない。

あせるなくさるな。

そういうことを考えつつ、目の前の仕事には全力で挑もう。
[PR]
by dubian2.4 | 2009-08-02 22:08 | 日本

積み重ねの恐怖

毎日今もっている財産を0.1%だけ増やすと、一年間で44%も増えることになる。
10年間こつこつやるとなんと、38倍増える。

人の成長もしかり。

昨日より0.1%だけ背伸びすることが出来れば、一年たつと44%も成長できる。
それが10年続くと38倍の成長だ。

倍々ゲームなんてしなくていい。毎日すこしずつ、でも確実にやっていくことが、スピード成長の近道なのだ。
[PR]
by dubian2.4 | 2009-08-02 00:38 | 日本