<   2009年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

嫁がすごい

嫁がすごい。

子供が生まれる前は、昼まで寝ていた嫁が、今では5時に起き、24時間体制で子供の世話をし、家事をこなし、しかもあまりやつれた感じも無く、文句も言わない。

あまりにもすごい、すごすぎる。

子供が横で泣いても寝続ける私は、反省しなくては・・・・・・・。
[PR]
by dubian2.4 | 2009-09-30 15:26 | 日本

Oh My Boy!!!

私の息子の名前はモグヲ(仮名)

今年の4月に生まれました。


生まれて二日後に、私の母が見に来たのだが、そのときに母が言った言葉

「こんなにかしこい子供は見たことがない!(本気で言った)」


先週の土曜日、NHKのスタジオパークに生の小栗旬を見に行って、帰ってきた妻が言った言葉

「モグヲは小栗旬に似ている!(本気で言っていた。100回ぐらい言っていた)」



Oh My Boy!!! モグヲ、あんたは幸せだ!!!

[PR]
by dubian2.4 | 2009-09-21 22:08 | 日本

目的や理念ではなく、結果を共有する

録画したNHKの番組を見ていると、今後のグリーンエネルギーについて紹介している番組があって、その中でグリーンエネルギーの提唱者が、グリーンエネルギーに関して

「目的や理念を共有しようとすると失敗しやすい。共有するのは結果だけでよい」

と言っていた。

グリーンエネルギーを使用する目的や理念として、「環境にやさしくしたい」「地球の未来を救いたい」といういうようなものがあるだろうが、そういうものは千人いれば千人とも異なるわけなので、それが原因でみんなが一つになって行動するのは難しい。また、目的や理念が相反する場合もあるかもしれない。

そういうわけで、大規模で人々の意思をまとめるには、まず、グリーンエネルギーを使用することで、具体的かつ客観的にどのような結果があるのか、ということだけをいったん共有することで、皆がその結果に向かえるようにするわけだ。例えば、コストが下がる、石油が必要なくなる、など。

その上で、各々が目的や理念を掲げればよいワケだ(例えば、「石油の依存から脱却したい」など)。

あることをするのに、理念や目的の共有というのはもちろん大事なのだが、文化や人種を超えて大規模に何かを行う場合は、「結果の共有」がまず先にくるんだなあ、と非常に納得させられた。
[PR]
by dubian2.4 | 2009-09-08 20:53 | 日本

夏休み

プロジェクトも終わって、一週間の夏休みを取っている。

最初の二日間は、ディズニーランドの近くのホテルの無料宿泊権を持っていたので、そこに泊まった。

海の見える部屋からのんびりとした二日間を過ごすことが出来て、予定していた量の読書は出来なかったが、本当にリフレッシュした。子供も喜んでいた(ただしディズニーランドには行っていない・・・)。
[PR]
by dubian2.4 | 2009-09-08 20:40 | 日本

もうすぐおわり

今日で、しんどかったプロジェクトも終わり。

明日からは休みだけど、自分の中でまとめなくちゃいけないことはたくさんあるなあ。

昼も夜もないプロジェクトで、正直つらいことも多かったけど、学べたことも多いはず。

ちゃんとまとめて、次につなげないといけないと感じた・・・。

明日から一週間休んで、妻、子供と遊びたい。
[PR]
by dubian2.4 | 2009-09-04 09:58 | 日本