家事しないパパ

うおー
休みの日とかぐらい、家事をちゃんとしようと思っているのだが、
昨日などは、妻が子供を寝かしつけているところに一緒にまざり、横でごろごろしていたら、そのまま寝てしまった・・。

おきると、お皿も洗ってあり、私は本当に家事しませんでした。だめパパになりつつある

ちなみに家事に関して今週週末にやったことと言えば、土曜に、晩めしつくって、皿洗ったぐらい・・。
その間妻は、子供の寝かしつけ、洗濯、掃除、ベッド解体など数多くの家事をこなしてきた・・。

ぎゃー。心の中からサボり虫を追い出そう。だめパパにはならんぞう。。。
[PR]
# by dubian2.4 | 2010-06-21 09:56 | 日本

ほっと一休み

プロジェクトが一段落して終了したので、一週間休みをもらって妻と台湾に行った。
台湾にいる途中で「仕事来そうなので、休み途中でなくなるかも」みたいなメールも受け取ったが、結局月曜から金曜まで
台湾にいた。少し仕事もあったが遠隔でできる程度。

今回のミッションは大きく二つ
1.私は母が台湾人で、祖父や親戚も台湾にいるため、去年生まれた子供をみなに見せに行くこと
2.妻が一週間台湾で学校に通うため(短期集中コース)、子供の面倒を見ること

私の子供(以下モグヲ)は、祖父にとって初ひ孫ということもあり、親戚一同から注目を浴び、かわいがられた。
とくに食事のときなどは、もはやモグヲを親戚に任せ、自分の食いたいものを食えるという状況。すばらしかった。

妻は妻で楽しく学校を終了し、またひとつ新たな技術を身につけたようである。

プロジェクトが、労働時間という点でかなり過酷だったため、その反動もあってなんともすばらしい休み期間であった。。。
[PR]
# by dubian2.4 | 2010-06-02 15:41 | 日本

やらないよりまし、とは考えない

たまに、「やらないよりまし」ということを耳にするのだが、

「どうしてそういう発想になっちゃうの?」

と思ってしまう。やらないよりましってことで、いろいろな行為が正当化されてしまうことには疑問を感じる。

例えば

「宝くじは、買わなくては当たる確立が0%だが、買えば0ではない!買わないより買ったほうがまし!」
「何もしないよりも、お客様にダイレクトメールを送付したほうがまし」
等など。


ゼロと比較すれば、何でもゼロよりかはましなのだが、実際は費用や時間がかかるわけだから、最も効率がいいのは何だろうということで機会を比較するのが本筋だと思う。

例えば、

「300円の最も効率的な使い方は、本当に宝くじを買うことなのだろうか」
「XX円とXX時間はダイレクトメールを送るのに費やすことが本当に一番効率的なのだろうか」

と考えることが本筋だと思う。そうすれば、買わないより買ったほうがまし、という結論にはならないと思う・・・
[PR]
# by dubian2.4 | 2010-05-03 01:37 | 日本

3Dテレビ

先週は、まともに家で寝れたのは2日だけだった・・・(あとは椅子寝・・・。)

3Dテレビが大手各社から出てきたが、こちらどの程度普及するのだろうか。

テクノロジーの発展によって古くから使っている機械の大幅な機能アップが可能でも、使用するほうがそこまで要求しているかが微妙な場合がある。

例えば、テレビ電話に関して言うと、FOMAによるテレビ電話などは、周囲をみてもそれほど使っている人がいない。スカイプの会話に関してはカメラを使うこともあるが、最も多く使用されている固定電話や携帯電話ではほとんどテレビ機能が使用されていないのが実態ではないだろうか。

なぜ、機能が飛躍的にアップしても使用されないかというと、価格の問題というよりかは、面倒くささの割には、コンテンツの充実が少ないということが問題ではないかと思う。

例えば、電話で伝えている内容(コンテンツ)が、画像を用いることによってどの位豊かになるかというと、あまり変わらないんじゃないか、と思える。だから「面倒なので、わざわざ映像つきで電話しなくてもいいか」となる。スカイプは無料でテレビ通話できるが、必ずしもみなテレビ通話していないことからもこのことが分かる。

同様に、現在のテレビが立体画像によって、コンテンツが大幅に豊かになり(例えば、平面では見ることのできない情報が立体では見ることができるようになるなど)、立体画像を見るときの面倒さ(例えば、めがねをつけなくてはならない)などを上回ることができれば普及するんだろうと思う。

そうかんがえると、立体テレビって結構微妙だよねえ・・・。
[PR]
# by dubian2.4 | 2010-04-25 22:10 | 日本

成長率

今後の中国の経済成長率は2010年で大体10%ぐらい(ロイター1月4日記事)。そのほかも新興国の経済性成長率も中国に負けないぐらい高いところも多い(ベトナムなど)

一方で日本の経済成長率は2%ぐらいなので、企業が前年比5%ぐらいの成長を続けようと思うとやはり中国を中心とした新興国での勝負がかぎになってくる。

その際に、日本の企業は海外進出に向けた質の良い人材を確保できているのだろうか。

大企業なら、海外経験豊富な人材を社内調達することも可能かもしれないが、中堅企業となると社内で育成する時間もないので、外部調達となってくるのだろうか。

最近その辺のところ興味あって調べています。
[PR]
# by dubian2.4 | 2010-04-10 09:59 | 日本

一段落

仕事が一段落。

週末は会議や仕事が少しあったものの、基本的にはゆっくりすごせた。

妻と子供と代々木公園近くのカフェでランチして、散歩して、いやー、良い一日であった。

コンサルになってから、ONとOFFのスイッチが相当下手になったので、最近はうまい休みの過ごし方、研究しています。
[PR]
# by dubian2.4 | 2010-03-22 23:45 | 日本

もののありがたさ

(所感)

みんな、いろいろな仕事を与えられている。

会社の仕事だったり、子育てだったり、家族のためにお金を稼ぐことだったり、勉強することだったり、一時的に何もしないことだったり。

社会や他人と繋がっているかぎり、仕事は必ず存在する。時期やその人の能力によって内容は違うけれど、仕事っていうのはいろいろな形で皆に与えられていると思う。

与えられたことを、ちゃんとこなしていく、とうことが結構大事なんですなあ。

わしにはこんなこと難しすぎて出来ないとか、

なんでこんなしょうもないことしなきゃいけないのかとか、

そういうことを考えていると、前に進めなくなるから、

とにかくひとつずつありがたく思ってちゃんとこなしていくことが、ほんま大事。

今年は感謝する年にしたいです。

おととい誕生日が来て、またひとつ年をとりました!
[PR]
# by dubian2.4 | 2010-02-08 00:28 | 日本

順調

先週は一週間で10時間も寝れなかったような仕事の量(プロジェクト立ち上げのため)だったが、

気分は不思議と爽快だ。

なんか、腹が据わった気がする。。。。
[PR]
# by dubian2.4 | 2010-01-30 23:57 | 日本

復帰

復帰しています。

体を休めて、頭をまとめることが出来て本当に良かったです。

今回学んだことを一言で言うと、

考えても結果に影響しないことは考えるのをやめるて、それによって空いた時間を結果に影響することに使う


ということだった。

これまで本当にこれが出来なかった。

来年の今日と同じ日に晴れるか雨が降るのかをいくら精緻に考えてもわからないように、自分の力の及ばないことは世の中に多く、そこに時間を使ってはいけないということが良くわかった。

例えば、人の考えていることはいくら悩んでもわからない。あの人はどう考えているのだろうかと頭を使うぐらいなら、一言聞いてしまったほうが早い。それでもわからないなら、考えない、といったように自分の行動を変えていかないといけない。

ベストを尽くすって、自分が出来ることだけを考えるということなのかもしれないなあ・・・・。

がんばります。
[PR]
# by dubian2.4 | 2010-01-23 22:19 | MBA勉強中

やばくなったら休む(でも頭は休まない)

新年早々会社を4日休んで、4日前に社会復帰しました。

新年早々、いきなりの仕事量についていけなくなり、徹夜を重ね、さらに仕事の権限も増えたために対応できなくなり、徹夜3日目の朝5時に 頭も回らず、

「このままやっていけるんだろうか。無理くさいかも。プロジェクトが開始して間もない今なら(より正確に言うとまだ開始していない)、ギブアップしても、他人にかける迷惑は少ないのではないか」

と思い始めた。家にも帰っていないので、髪も洗わず、服も初日から同じ。

プロジェクトを降りたほうがいいのではないか、という選択肢が頭に浮かぶと、もう完全にやる気も無くなり
、人事とリーダーに

「ちょっと精神的に無理くさいです。プロジェクト降ろしてください」

と言ってしまった。そして、一週間の休暇を申請した。

仕事上、このようなことをするのは非常に無責任で、自分の評価は悪くなってしまったが(下手するとクビ)、今では、あのままずるずる行ったら最悪の結果(下手するとクビ+精神バランスくずす)になっていたと思うので、どの道下手するとクビというなら、プロジェクトを降りてよかったと思う。よく徹夜続きのあの頭で決断することが出来たものだ。

休暇中は、仕事はしなかったが、とにかく考えた。

自分に何が足りなくて、どうしてこのような結果になってしまったのか。何に恐怖を感じてプロジェクトを降りてしまったのか。

技術面だけではなく、自分の根本的な仕事へ対する姿勢や、物の考え方というとこまで突き詰めて考えた。

考えながらノートに書いていくのだが、休みの間にノート一冊に埋まるほど、いろいろなことを考えた。

そして、わかったことは本当に多かった。自分がいつの間にか、人に対する思いやりがなくなっていたり、社会的な正義感が薄れていたりと、いたらないところが見えてきた。仕事に何を求めていたのかも思い出してきた。思ってもいないことを口にしたり(おもに正当化や言い訳のため)、そういうことが多くなったりもしていた。

見えてきたら、直すところがわかる。ひとつずつ直していくしかない。

本当に年初から、どん底だったけど、今年はもう少し人間的に成長しなさいと神様が発した警告だったということが今だからわかる。

この事件が無かったら、本当に、「イタイ」人間になっていたと思う。

つらい思いもしたが、ある意味良かったといえる。。。

仕事も、今のところ、クビになってないし。。。。
[PR]
# by dubian2.4 | 2010-01-18 02:45 | 日本