上海到着、日本人について

 本日上海に到着。午前に到着したので、午後は人事オリエンテーションと、会議を行う。

正直な感想、なんだか日本人が多い。多いか少ないかは感覚の問題だが、250人いる社員のうちで約50人が日本人という。 ここでこんな計算をしてみよう。

 中国に住む日本人社員にかかる費用は大体中国人社員の10倍という。給料だけではなく、住居などの費用があるからだ。本当だったら日本人が増えることによってそれを管理する日本人が新たに必要になるので、その費用なんかも考えたいのだが、ややこしいのでここではそれは考えない。

 すると、全社員数の20%である日本人社員が、全体人件費の71.4%を占めることになる。上20%に全体の70%の給料を払うというシステムは、すでに外資系金融業や、コンサルなんかと同じやりかたで、とても日本企業とは思えない給与分配方法だ。

 いい悪いは別として、このような偏りのある分配が容認される職場なら、日本人が少なくなった後でも、中国人社員の間でも思い切った偏りのある分配が可能になるのかもしれない。10-20倍の給与格差のある社員の登場だ。すごいモチベーションかも・・。

 なぜここまで日本人が増えているのかというと、私も含めて、間接部門に日本人が来ても、人件費に対する対費用効果の測定が難しくて、得なんだか損なんだかわからなくなってしまうからであると思う。あと、バジェットの出所が違うので(日本の本部が給与を払ったり、事業部で払ったりしている)、全体としてはすごい出費なのであろうが、それをトータルしてどうだ、ということを考えられる部門がないことも理由であろう。ここでも、個別最適の弊害が出ている気がする。

 まあ、とにかく今日からがんばろうと思う。


 
 
 
 
 
[PR]
# by dubian2.4 | 2004-09-03 02:07 | 上海生活や仕事

同じ会社での在庫移動2

 同じ会社で受発注を行うような場合は、まず至上の命題として、効率的な受発注を通じて自社全体の在庫を削減するということがある。もちろん市場変化に迅速に対応できるということが前提であるが。
 全社の在庫を減らす方法というのはいろいろとあるだろうが、それ以前にいくつかクリアしなければならないことがある。
 まず、すべての部門が全体最適について十分な理解を示すことが必要である。全社の在庫が減少するということは、それぞれの部門の在庫が減少することを意味しない場合がある。経済学でいう「合成の誤謬」が起きる可能性がある(たとえば、みんなが金持ちになろうと貯蓄すると、金が回らなくなるので結局みんな金持ちになれないという理論)。もしかしたら、全社で在庫を減少させるためにある部門の在庫は増加するかもしれない。そのときにその部門は全体のことを考えてそれを受け入れられるかが問題になる。
 第2に、上記のような部門を正しく評価できる基盤が社内に必要である。何が原因でその部門に在庫が増えているのか、その増加は全社視点でプラスなのか、を判断しなくてはならない。
 第3に、在庫情報に関する社内での透明性が必要である。どこに在庫がどのくらいあるのかが、瞬時にわからなくてはいけない。これはITの導入が不可欠である。
 最後に受発注に関する、全社の統一ルールを構築することが必要である。各部門がおのおののルールで動いていては、全体の統制が取れず、在庫増の原因が見えにくくなる。
 今回の上海での仕事は、この辺のルール固めなどをやって行くことになる。
 
 
[PR]
# by dubian2.4 | 2004-09-02 02:28 | 上海生活や仕事

同じ会社での在庫移動

 VMI(Vendor Managed Inventory)という考え方がある。文字通り、ベンダーが在庫を管理する考え方であり、ベンダーとは要するに「供給者」のことだ。

 これは、「被供給者」が発注を行わず販売情報や店頭在庫情報を「供給者」に伝える一方で、「供給者」がある程度需要予測を立て必要に応じて「被供給者」に部品などを自動補充してゆくという考え方である。以前GEに勤めており、この間まで私の勤める会社でインターンをしていたMBA生からGEの例を聞くと、やはり「供給者」はGEに十分部品の補充活動ができるよう在庫を持ちすぎていることが多いとのことである。ただGEとしてはVMIの発想から在庫削減の恩恵をかなり受けているであろうということである。要するに自社で在庫を持たず、ほしいときにほしいだけ部品が供給される体制ができているということである。「供給者」がどれほど在庫を持とうが、必要なときに物さえ来れば、「被供給者」にとってはあまり大きな問題ではない。

 VMIのこのような現状を社内の取引に持ち込むと何が起こるのかといえば、市場に近い販売会社での在庫は削減されるが、その代わり工場での在庫が増加して、連結では在庫は減少しないということだ。増加さえしているかもしれない。同じ会社で在庫が移動するのみとなってしまう。

 そのため、同じ会社内で受発注が行われるメーカーのような場合、少し違った考え方が必要になる。明日へ続く。
[PR]
# by dubian2.4 | 2004-09-01 04:00 | 上海生活や仕事

上海出発2日前<プロジェクト開始!>

現在27歳。大手メーカー勤務。上海への赴任が明後日に迫った。期限2年の一大プロジェクトに参加する。
プロジェクトの内容は会社の構造改革。担当は受発注などの仕組みを作ることである。
現在会社は規模が大きいがそのせいで、社内の取引が完全な個別最適でなされている。
ここに全社統一ルールを作成し、会社全体ですばやい市場対応をして、在庫の削減や物流の効率化を行おうという考えだ。
今回のブログでは上海の生活と同時にこれから進行するプロジェクトで自分が感じることを書いて行きたい。もちろん、社内の情報や、機密情報などは間違っても記載しない。
あくまで「感じること」ベースに記載する。
[PR]
# by dubian2.4 | 2004-08-31 21:01 | 上海生活や仕事